ハサミ色々

今日の中川レッスンで話題にあがったので、ちょっとハサミについて説明してみようと思います。

 

ビーズステッチを初めてからというもの、ハサミの重要性を実感しています。

ステッチ用の糸と、通常のシャッペスパンなどの糸と素材が全く違うので、洋裁の時に使っていた
握りハサミが全く使い物にならない!と思いました。

そこでステッチを始めてから現在まで、色々とハサミを購入しました。

現在使用しているのがこちら。

左から説明しますと、一番左の青い持ち手のものは、ファイアーラインやワイルドファイア―などの

合成繊維の糸を切る時のみに使用します。

 
そして二番目。
クロバーのそり刃ハサミ。
これはギリギリのところで糸をきるのにぴったり!最初これを使った時は、なんてよく切れるのかしら!
と感動しました。

 
そして三番目。
こちらも青の持ち手。
クロバーのカットワークハサミです。
現在、生徒さんにおすすめするなら、このハサミかな、と思っています。
というのも。この中では比較的お手頃値段で、使いやすい事。

 
そして一番右。

こちらは、クロバーのボルドーというシリーズです。

パッチワーク用ということで販売されています。

元々、刺繍の布をカットするために、もっと刃が長いバージョンを購入して、この切れ味に驚き、
短い刃の方も購入した次第です。

ちょっとお値段は高いのですが、これはおすすめです。
なぜかパッチワーク用となっているんですよね~。
パッチワークに限らず、色々と使えますよ~。

クロバーパッチワークハサミ→☆☆☆
と色々と紹介してきましたが、フルール・エ・ビジューでは、入会していただくと、最初に必要になる
ビーズマットとハサミをお渡ししています。

そちらのハサミも使いやすく、良く切れますので、当分はそれで大丈夫かな?と思います。

 

最後に、洋裁がプロ級だった母は、いつも「裁縫用のハサミで紙を切ったりしたらダメよ」
と言っていました。
糸や布以外の物を切ると、途端に切れ味が悪くなるのです。これ鉄則です。

レッスン中も、ついビーズが入っているビニールなどを切ろうとする方がいらっしゃるのですが、
必ず注意します。

せっかくの道具ですからね、大切に使っていきたいな、と思っています。

講師プロフィール

ビーズ講師西海多美子

西海 多美子 コスチュームジュエリーデザイナー&指導

≫ 講師プロフィールへ

おすすめ記事

ビーズジュエリーのオーダーについて

ピックアップ記事

2017.7.3

シャネル風?バッグ

昨年からアリワーク刺繍でコツコツと作っていた物があります。 アリワークでスパンコールの連続刺しをスイスイと出来るようになりたい。 と…

ページ上部へ戻る